大企業病? 死んだふりする社員

熊のような強い相手と偶然出くわしたら、
死んだふりをしろという話があるが、
これは野生動物だけの話に終わらず
人間社会社会でもよくある話だと思う。

会社で実力派の役員が出席する会議では、
新しい施策をどんどん出していかなければ
いけないのに、力の強い役員から
マイナス評価されることを避けようとして、
だんまり作戦を続ける人が多い。

何かしてマイナス評価されるより、
何もしなければ現状維持という
「死んだふり」作戦みたいなものをやっている。

10年以上前の時代なら、何もしない人のほうが
経歴に汚点がないということで評価されて
偉くなっていったかもしれない。
とくに大企業や地域独占型企業には
多く見かけたタイプ。

でももうそういう時代は、
とっくに終わりが来ている。

死んだふりは、その字のごとく死んでいるのと同じ。
会社だと、いてもいなくても同じ人は不要な人
ということで削除されてしまう。
死んだふりの上手いのは、
僕のような中年組のおじさん。

20代の人は自分の意思を発言する人が多い。
おじさんたち、死んだふりしてたらいけないよ。

大企業病? 死んだふりする社員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です