ハローワーク情報

ハローワーク①(よい職場をさがすとき)

ハローワークの利用方法って、学校では教えてくれません。
求人情報だけ求めて、ハローワークにいくのは間違いです。

ハローワークは失業者が再就職するためのお手伝いをする公的機関なので、再就職に有利な職業訓練を受けながら職探しすることが前提となっています。

僕の学生時代の同級生には、職業訓練を行うポリテクセンターなどの先生が多数いるので、失業保険と職業訓練について以前シーサーブログにまとめたものがあるので紹介しています。
    ↓↓↓   
  失業保険と職業訓練ナビ


ハローワーク②(自分で仕事するとき)

インターネットがまだ普及していなかった昭和時代は、難関の国家資格をもっていることが待遇のよい職場で働ける条件でした。

僕も昭和世代なので、将来のため電気の難関国家資格の一つである第二種電気主任技術者の資格をとって準備していましたが、いざ定年後どうするかという時が来てよく考えてみると、インターネットを利用したビジネスの方が年齢や体力などに関係なく仕事できることを知り大きく進路変更しました。

そんなサラリーマンから見たら無謀と言えるかもしれない奮闘記をお伝えしています。内容が一般公開できないことときがあるので、こちらはLINE@でお伝えします。